治験バイトで稼ごう!

世の中には実に様々なバイトがありますが、その中でも一風変わったものが「治験」です。

治験とは、指定された施設に一定期間宿泊して生活しながら、開発中の薬を定期的に摂取することを指します。

私達が飲んでいる薬は、細胞や実験動物などを用いて何度もテストを行うため、一つの薬の研究開発に大変な時間がかかります。

そして、その最終段階で行われるのが、私達人間を対象としたテスト、つまり「治験」なのです。現在は「有償ボランティア」と呼ばれることが多い治験は、健康な人を対象に行うものと、現在糖尿病やガンなどの病気にかかっている人にたいして行われるものがあります。

ここでは、健康な人に対して行われる治験について説明していきます。まず、治験には「通院」と「入院」の2つのタイプがあります。

「通院」は「入院」に比べて拘束時間が短く、一般的なバイトの感覚で受けることが出来ます。拘束時間は治験の内容によって異なるものの、だいたい5時間程度です。

一方、「入院」の場合は短くて数日、長いと1ヶ月程度病院に入院するため、必然的に拘束時間が長くなります。その代わり、「入院」の方が報酬が高く、1日あたり2万円程度もらえます。

「通院」の場合は、1日あたり1万円程度です。
謝礼は、治験最終日に現金で受け取ることが出来ます。

これだけの報酬が貰えるならキャッシングも利用する必要がなくなりますよね!?

あくまで「ボランティア」として行うため、バイトのお給料と違い所得税などの税金は発生しません。

開発中の薬を体内に取り入れるため、健康上のリスクはあるものの、一般的なバイトに比べると遥かに楽にお金を稼ぐことが出来るため、時間に余裕のある大学生やフリーター、個人事業主の方におすすめです。

そして、実際に参加するためには事前に申し込みを行う必要があります。

申し込んだ人が全員受けられるわけではなく、事前の健康診断の結果で合否が判断されます。 
また、健康診断の前には必ず説明会が実施され、安全性の確認や質疑応答などが行われます。

治験とは、新薬を世に出すための最終的な治療を兼ねた試験の事をいいます。
治験というと、安全性について心配する方も多くいます。
しかし、動物実験など、様々な実験などを繰り返し、検証して、メーカー側が安全だと自信を持ったもののみ治験が行われます。